海外移住で有意義なシニアライフ

GTY0012874503

シニアが海外で生活する方法として海外に移住するためには、まずリタイアメントビザの制度を実施している国でリタイアメントビザを取得する必要があります。

リタイアメントピザは、退職して年金受給者となったシニアを対象としているピザですが、ほとんどの場合、その国での労働は許可されません。
しかし、本国からの年金収入や最初からある程度の資産がありますと、特に問題はないとされています。
いきなり、海外移住は不安という方は、まずはロングステイから始めるのもいいでしょう。
最近では、定年後に物価の安い海外へ移住したり、あるいはロングステイをする人が増えています。
テレビでもそのような老後生活を送っている方を取材して、その生活ぶりを紹介するということが多くなっています。
先日もマレーシアに移住した人のことが放送されていましたが、老後の資金を日本にいるよりは、遥かに有効に使えるとおっしゃってました。

これらの海外移住は、物価が安く比較的安全な国に生活の拠点を移したということで、さまざまな所を移り歩く旅とはまったく違うものです。

もっとも最近は、原油高で世界中どこへ行っても物価高が言われていますが、元々が安いので、日本よりはずっといいという状況のようです。

生活の拠点は、子供の頃から慣れ親しんだ日本に置いておき、治安が悪くなったら引き上げるとか、物価が高くなったら短期で切り上げたり、飽きてしまったら次の所へ行くといったことなど、柔軟に対応するということも視野に入れておきましょう。

海外移住を考えている方は、綿密に計画を立てておきませんと、困ったことが発生しても帰る場所が無いといったことになりかねません。
老後の生活をどのように送るかということは、中高年にとっては大きなテーマになっているかと思います。

 

昔は特殊な事情が多かった海外移住ですが、大都市で仕事に追われて生活していた人が、定年を迎えて、夫婦でゆっくりのんびりと大自然あふれる環境で余生を過ごすというのは、実際あこがれるスタイルです。

そういった海外移住生活を実際に行っている実践者を取り上げるマスメディアが増えましたが、みなさん生き生きとされて充実した日々を思い切り楽しんでいるようでした。
もちろんまったく問題が無いわけではないでしょうが、それでも居住し続けているということは、それなりに魅力があるということでしょう。

移住先としては、やはり物価の安い東南アジアなどに人気が集中しているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る