海外移住の方法

santa_ana_california_john_wayne_airport

海外移住が注目を浴びるようになってから、ずいぶん経ちます。

海外は、旅行に行くだけの場所ではなくなってきているのです。

海外移住することでしか味わえない感覚は、きっと老後の人生や考え方に大きな影響をもたらすことでしょう。
海外移住では、台湾での老後の生活を勧めるかたが多いようです。
台湾での退職者用のビザの制度が制定されたのは、比較的最近のことで、退職者が対象のロングステイが可能なビザで、180日間有効で延長は不可となっています。
基本的に55歳以上の定年退職者で、5万ドル以上の金融資産を持っている人、または年金受給者が申請することができます。
2006年に施行されたばかりですから、もしこの制度が好評となったら、将来的には年齢条件を引き下げる可能性もあると言われています。
しかしながら、海外移住については問題点も多く存在しているのが現実です。
例えば、海外移住に際して多くの方が、土地や家屋などの資産をすべて処分して、現地では収入を得ないまま蓄えだけでの移住生活を考えているようです。
そういった場合、不測の事態、例えば自然災害や事故、あるいは治安の悪化などに対応がしにくく、さらに語学が満足にこなせないことから、地域の方とのコミニケーションが上手く構築できず、トラブルの元になることもあるのです。
海外移住の方法としては、次のようなことが挙げられます。

  • 国際結婚によって相手の国の居住査証が発給されます
  • 観光ビザで入国と出国を繰り返します
  • リタイアメント・ビザの発給を受けます
  • 公募永住権システムに応募し、永住権を取得します
  • 海外の企業へ就職します
  • 海外にて会社を設立します(滞在許可と就労許可を取得)
  • ワーキングホリデー・ビザを取得します(期間限定)
  • 海外留学します。

 

他にも方法はあるのですが、やはり一番多いのは、観光ビザで入国と出国を繰り返すものです。
観光ビザでそのまま就労してしまうケースも多くなっています。
具体的にいうと、国籍は日本のままにしておいて、時おり日本と移住先を行き来しても良いわけです。

実際そういう方が多く、最後の最後はやはり日本に戻って来世に向かうという方が多いようです。

まあ、そのあたりは価値観による違いがあるので、方法論というよりも人生観に従って選択するのが良いと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る